関連資料
過去の資料はこちら


 

 大和整体は”人(ヒト)を変える”ための整体療法です。体と意識は密接な繋がりを持つので、体が変化するということは、それが正しく行われる限りにおいて、必ず「意識の変化」へと反映されます。体が変わることで意識も変わる。その意識の変化がまた体に新たな変化を与える。こうすることによって、本来、体だけの変化では得られない「その人そのものの変化」を引き起こすこと。これが大和整体という療法の目的となります。

 

 そのために重要なのは「体と仲良くなること」です。体は「治し方」を追い求めてしまうと、そこに必要なものだけを得ようとしてしまうので、多くのことを見落としがちになります。「治す」ではなく「体自身に治させる」ためには「体の中で何が起こっているのか?」「体自身はどうしたいのか?」といった「体の事情」を理解する必要があります。そしてその理解は、施術を通じて得られる”手の実感”の中から生まれてくるものだと思います。

 

 施術というのは、頭が先に立ってしまうと「自分の見たいもの」しか見えなくなるものです。これを「まず触れて感じる」として、感じたものに対して自然に体が動くに任せる。体というのは私たちの意識より、常にずっと多くのものを感じ取っているわけで、体が自然にやることを意識は後追いするだけでいいわけです。施術においては、頭はそれほど賢くなく、体は遥かに賢いものです。こうした経験の積み重ねが「手の実感を以って体を理解する」ということに繋がり、体と仲良くなることに繋がっていくのだと思います。

 

第一段階

体を確実に”変化”させる
全文PDF(作成中)

 整体は体の機能を整えることで愁訴や疾病の解消を図る療法です。しかし「整える」という施術から、体の機能を一時的にではなく、確実に変化させる(それまでと異なる状態へと移行させる)ことは難しいことです。これを確実に行うために、大和整体では既存の(誤った)機能バランスをいったん「壊す(崩す)」ことで、体をよりよいバランスへと確実に変化させます。そこで重要となるのは「体をモノとして扱う感覚」であり、これを実践するのが大和整体の”按法八療”という手技です。また、既存のバランスを確実に壊すことから起こる体の諸々の変化、これに数多く経験し、熟知することが「体の仕組みを体感的に理解する」という、以後の施術観・身体観の重要な基盤となります。

第二段階

変化と整えることの両立

 既存の機能バランスを壊すことから得られる体の変化は、最初は壊した後の作業のほとんどを体自身の修復機能に頼ることになります。これは必ずしも正しい方向の変化になるとは限らないうえ、体自身の負担も大きいものです。よって、ここで必然としての「整える」ことの必要性が生じます。これは「壊した後の改めて整える」や「整いやすいように壊す」といったこととなります。これにより、体に大きな負担をかけることなく大きな変化を引き起こすことができるわけです。こうした施術を重ねるということは、それがそのまま「段階的に体の機能が向上していく」こととなっていきます。

第三段階

体に合わせて施術する

 体の機能を確実に変化させること、その変化に整えるという要素を盛り込み、無理なく大きな変化が可能になること。この双方の積み重ねは、体自身の自発的な活動を著しく強めることとなります。これは、それまで混乱の中で機能していた体が、一定のまとまりや明確な方向性を以って機能するようになるということです。こうした体からの自己主張(体の声)が明確になることで、施術はそれまでの施術者主導から、体を主導にしたものへと移行しやすくなります。その結果として、施術では「体に合わせる」という感覚が優位かつ必須となり、「体自身に治させる」という意識が強くなっていきます。

第四段階

個の特異性という施術

 体はただその機能を整えるだけなら、そこに「施術者の個」はあまり重要とはなりません(正解はひとつ)。しかし「壊して整えなおす」という工程が必須となれば、そこには施術者の個が強く反映されることになります。その上で、施術が相手の体の声を尊重し、「合わせていく」ものとなれば、それは相手の体と施術者の間でのみ成立しうる至極感覚的な施術となるわけで、そこでは万人に共通な理論や技術は大きな意味を持たなくなります。そうした施術は、施術者個人の身体観や施術観、ひいては世界観によって成立するものとなり、これを「個の特異性」と呼びます。ここに至って、施術者各人で独自の施術のあり方が成立するわけです。