昼と夜のリズム

 

 睡眠は疲労回復の基本です。疲れたからといって栄養価の高い食事や、栄養剤などで「疲労回復ができる」と考えている方がよくいますが、栄養摂取による「活性化」と「疲労回復」は違うのです。そうした栄養も、十分な睡眠によって全身隅々に行き渡るものです。体の疲れは基本的に、睡眠以外で回復するものではないのです。体は不調になっても、神経を興奮させれば元気になってしまうものです(カフェインなどが良い例)。こうした神経の過剰な興奮状態を「元気」と勘違いしている人は少なくありません。体がこのリズムになると、体の疲労に応じて神経も高ぶっていくので、日常の中であまり疲れを感じることがありません。こういう人に限って休みの日に「長く寝たら調子が悪くなった」といいます。神経の興奮が緩むと、自分の体に蓄積した疲れを自覚してしまうのです。

 体は自然なままであれば、朝日が昇れば神経が活性化しだして体を活性化させる「交感神経」で働き、夕方に日が落ちて暗くなれば休息・回復を優先させる「副交感神経」で働きます(この2つ神経のバランスを自律神経といいます)。夜更かしなど、このリズムに沿わない現代人の生活では、昼と夜の「交感神経・副交感神経」の交代リズムが崩れ、自律神経に狂いが生じるのです。睡眠の質には個人差がありますが、質の悪い睡眠の根本的な原因はこのリズムの崩れです。体に不調を感じたら、一定の期間だけでも早寝を心がけると、このリズムの狂いを修正しやすくなります。この時に「早起き」は必要ありません。疲労した体を回復させるには充分な睡眠が必要です。日頃「目覚まし」に頼り、体が回復を終える前に無理やり起きている人にとって、目覚ましを使わない自然な目覚めが重要になるのです(そのために早く寝ることが大事なのです)。